ラーメン店のイメージとの乖離性

清潔感を演出

「ラーメン屋さんは汚い」というイメージがどうしても根強く残っている事は、女性客を知らず知らずのうちに遠ざけてしまっています。
女性はファッションや臭いに敏感なので、店内だけではなく店外でも「清潔感」は必要不可欠だといえます。
こまめな清掃や整った店内の環境であれば女性にも好まれやすいでしょう。
また、「メニューが外に掲示してある」という事も大きなポイントです。
入り口前にキャンバスなどで置いてあると、そのメニューを見て入るかどうか決められるので効果的です。
そこに手書きのメッセージや装飾があるとなおよいですね。

これまでのラーメン屋さんの概念を覆すようなきれいな佇まいが女性を呼ぶには必要だとも言えます。
いわゆる「ラーメン屋さんらしくないラーメン屋さん」を目指してみると良いですね。

身近に感じる演出

女性スタッフや、先に女性客がいる店舗には比較的女性も入りやすい傾向があります。
また、店内がどのような様子かを外から伺い知ることができるという事は、女性がまだ店舗に入る前にお店の様子を知るチャンスを広げてくれるでしょう。
「外から見られている」という認識が、店内の雰囲気をより良くしようというスタッフの心意気にもつながります。
また、店内で食事をする人にとっても、閉鎖的な空間よりも外が見えて空間を感じられるスペースでの食事は気持ちの良いものです。
女性が入りやすい店舗になるためには、店内が明るいということも大事な要素です。
店内に外からの明かりが差し込めば、中にいる人にとっても居心地の良い空間になりますね。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ