お店の顔ともいえる人材とは

入りやすさのポイント

女性がラーメンを食べたいときに数あるラーメン屋さんからどのお店に入るかを決める判断基準がいくつかあります。
これは日本人の特徴ともいえるかもしれませんが、「同志がいるかどうか」というのは大きなポイントです。
つまり、すでにおひとり様の女性客がいる店舗には、女性も入りやすい、というわけです。
自分の他にも女性がいる店舗であれば、「ここは女性でも入りやすいお店なのだな」という判断を無意識にしているといえます。
これと同じ考えで、「女性のスタッフがいるラーメン店」だと、女性客にとってのラーメン屋さんの敷居は格段に下がります。
全てのスタッフが女性である必要はありません。
しかし、店内に入って迎えてくれるスタッフが女性だったり、目に見える場所に女性のスタッフがいるだけで女性客にとってはかなりの安心材料になります。

性別と表情

女性のスタッフがいれば女性にとってはかなり入りやすくなりますが、男性スタッフしかいない店舗だからといって女性が呼べないというわけではありません。
大切なのは、スタッフの女性に対するふるまいや表情だといえます。
これは男性でも女性でも同じことが言えますが、必ず「笑顔」で対応されるとそれだけで非常に好印象をもつものです。
女性だからといって特別扱いしてほしいわけではありませんが、そもそも食べたいものを気持ちよく食べるために来店しています。

もともとラーメン店に女性が一人で入るという事は勇気がいります。
気持ちいい接客とフレンドリーな対応があれば、良い食事のひとときが送れる十分な要素が揃っていると言えますね。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ