女性がラーメン店に求めているものとは

お店の顔ともいえるメニューは、女性を惹きつける店舗になりうるかどうかという大きなポイントの一つです。 一言にラーメンと言っても、その土地や店主の嗜好によって種類は千差万別。 では、女性に好まれるメニューの中には、いったいどのようなものがあるのでしょうか。

女性が好む食材

これまでのラーメン店のイメージでは、男性が一人で入る場所であったり、比較的に年季の入った店舗であったりというイメージが根強いとも言えます。
しかしながら、今では男女関係なくラーメンは大人気のメニューであり、日本全国どこに行ってもその土地ならではのラーメン屋さんがある程です。
沢山のラーメン屋さんがしのぎを削っておいしいラーメンを追及しているわけですから、何かウリがないと厳しいラーメン業界で生き残るのは至難の業かもしれません。

今や、ただラーメンを作る他にも、経営戦略を綿密に立てる方が良いでしょう。
そこでまず注目すべきは、「どの客層をターゲットにするか」ということです。
もちろん、老若男女問わず人気に火がつけばそれが一番よいかもしれません。
しかし、どの客層に受け入れられやすいラーメンを作るか、という事を考えると、自然とその店舗独自のラーメンの方向性が見えてくるとも言えますよね。

少し前までは、ラーメンは男性の食べるものというイメージがありました。
しかし今では、女性もラーメン屋さんに一人で入ることはむしろ当たり前のように捉えられています。
実際筆者も女性ですが、ラーメンが食べたくなれば躊躇なく一人でラーメン屋さんに入ることもあります。
ただし、女性がラーメン店に入るときにはやはり「入りやすい店舗」と「入りにくい店舗」があるのも確かです。
では、女性はどのようなラーメン屋さんを好み、または避けるのでしょうか。

お店の顔ともいえる人材とは

女性が一人でラーメン店に入る時には、いったいどうやってお店を選んでいるのでしょうか。 もちろん「どんなラーメンが食べたい」「○(というお店)のラーメンが食べたい」という基準でも選びます。 しかしどこに入るか迷った時のポイントはラーメン以外にもあるのです。

ラーメン店のイメージとの乖離性

ラーメン屋さんと言うと、「年季の入った店舗」「男性が入る場所」「女性一人では入りにくい」というイメージがいまだ根強く残っています。 つまり、その店舗の外観と女性の入りやすさ・入りにくさは密接に関係しているというわけですね。 どんな店構えが女性に受け入れられやすいのでしょうか。

△ ページTOPへ